[質問] どんな記事を書いてもらいたいですか?

いつもお笑いテクニック・ブログをご愛読ありがとうございます。

今回は、読者の方に「どんな記事を書いてもらいたいか?」のご意見をお伺いしたく記事を書きました。

限りある時間の中でできるだけ多くの人が困っていることを解決する記事や、読みたいと思う記事を優先順位をつけて書きたいと考えております。

・どんなことを困っているか?
・どんな記事を期待しているか?

のご意見を頂ければと思います。

こんな記事を書いてというリクエストも歓迎です。
もっとこうすればいいのに、という改善提案もいつでも歓迎です。

ご意見はどのような方法で送って頂いても歓迎です。

  • ブログのコメント欄に書く
  • お笑いテクニックtwitter @owarai_tech にツイート
  • はてなブックマークのコメントを利用
  • facebookのコメントを利用
  • お問い合わせフォームより送信

では、率直なご意見お待ちしております。

Adsense

2013/01/03 | アナウンス

Adsense

関連記事

no image

故林広志指導 憂のワークショプ 2012 開催

憂のワークショプ 2012開催 既に募集は終了しました。 今年も放送作...

記事を読む

no image

「コント・漫才ワークショップ」の開催

激しく久しぶりに、一般の方向けのお笑い講座を開催します! 今回は、コン...

記事を読む

no image

コント作家 故林広志氏指導 作家養成会議2011 開催

コント作家の故林広志氏の作家養成ワークショップが開催されます。 作家に...

記事を読む

お笑いテクニック twitter はじめました

お笑いテクニック twitter はじめました

お笑いテクニック.com 用のtwitter(ツイッター)をはじめまし...

記事を読む

新着記事

2014年 ウケる・笑えるジョーク・バレンタイン・チョコレート まとめ

2014年 ウケる・笑えるジョーク・バレンタイン・チョコレート まとめ

2014年のバレンタイン! どうせ渡すなら面白いジョーク・バレンタイン...

記事を読む

no image

2013年版 忘年会でウケる宴会芸・余興の作り方

2013年の忘年会シーズン、今年向けのウケる宴会芸、余興をご紹介。...

記事を読む

no image

みんながボケる! 盛り上がる話題の振り方

トークが盛り上がらない?? 話が盛り上がらないことってありませんか? ...

記事を読む

結婚式の二次会に使える3つのオススメ余興

結婚式の二次会に使える3つのオススメ余興

結婚式の二次会に使える3つのオススメ宴会芸 知人の結婚式の二次会の余興...

記事を読む

コメント/トラックバック (15件)

トラックバック用URL:

この投稿のコメント・トラックバックRSS

  1. 僕は素人で、芸人を目指しているわけでもありませんが、いつも非常に楽しく読ませていただいております。ありがとうございます。

    基本的には、管理人さんが「これは大事‼」と思う事から書いていただきたいのですが、僕の希望としましては、(管理人さんの好みでよいので)「この芸人が凄い!」「この分野においてこの芸人はズバ抜けてる!」といった風にオススメの芸人や、テレビやラジオでの面白かったボケ・ツッコミ等を教えてもらえると嬉しいです。

    これからも楽しみにしています。

  2. 1.実際のバラエティ番組を例にとり、テクニックの説明をしてほしい。
    2.売れている芸人の分析をしてほしい。
    3.おもしろい記事を書いてほしい

    1について:
    よーいどん!じゃなくて、以前の記事で、「TV番組等でなぜ笑いがおこったのか等を解説してくれたら人気がでるんじゃないかなぁと思いました」というコメントに対して、「なぜ笑いが起こったのか? というのは、なんとも難しい話ですねぇ」というふうにおっしゃっていましたが、笑いを理論的・論理的に解説していこう!というのがこちらの記事の趣旨ではないんですか?(違ったらゴメンナサイ!)
    どんな分野でもそうですが、ある概念を説明するには具体例を提示することは避けて通れないと思います。
    具体的な漫才・コント・トークを例にとり、テクニックを説明してもらえると、非常にありがたいです。

    2について:
    1とほとんど同じことなんですが、世間や同業者から評価されている一流の芸人を分析することは、とりもなおさず、「笑いとはなにか」「面白くなるにはどうすればいいか」ということの輪郭を示すことだと思います。
    できれば、漫才師・コント師・タレント(フリートークを主にする人)・一発屋などというように、ジャンル分けして説明していただけるとありがたいです。

    3について:
    このサイトで説明されているテクニックを実際に管理人さん自身が応用し、おもしろい記事を書いてください。(ってハードルあげちゃってますねw)
    常々思っていたんですが、笑いのサイトなのに、くすりとも笑えないのは違和感があります。
    記事の文章が、上から目線だったり、非論理的だったりするので、最低限そこをなおしたうえで、おもしろい記事を1つでもいいので書いていただけると幸いです。

  3. 長らくおまたせしました。ようやく、ブログにコメントを書ける時間が取れました…

    基本的には、管理人さんが「これは大事‼」と思う事から書いていただきたいのですが、僕の希望としましては、(管理人さんの好みでよいので)「この芸人が凄い!」「この分野においてこの芸人はズバ抜けてる!」といった風にオススメの芸人や、テレビやラジオでの面白かったボケ・ツッコミ等を教えてもらえると嬉しいです。

    芸人さんのスゴイところ、スゴイ技術はわかりやすくていいかもですね。
    僕としては、今田耕司さんや、さんまさん、を取り上げたいですね。

    残念なお知らせとして、ここ2年程、テレビがない生活をしており、ラジオも一切聞かないので、ここ2年まともに芸人さんを見たり聞いたりしていないので、最近のことはわからなかったりします。
    ネットで見られたり、引用できたりすると便利なんですけどねぇ。

  4. >1.実際のバラエティ番組を例にとり、テクニックの説明をしてほしい。

    バラエティ番組を例にとってブログを書くのはかなり難しいと思っています。
    理由としては

    ・テレビを持ってないので、バラエティ番組を見てないし、今後も見る時間が取れなさそう
    ・引用が難しい
    ・権利的に大丈夫なのかがわからない

    なので、ネット上にある権利的に問題ない、消えなさそうな動画であれば大丈夫かなと思います。
    以前、ノリツッコミの説明をした時に、説明するための動画を探したら、1時間位かかった挙句、求めている動画が探せなかったという失敗がありました。
    ユーザの方に、この動画を説明して、という要望を頂いて解説するという形であれば、いけそうな気がします。

    >2.売れている芸人の分析をしてほしい。

    分析はうまくできる自信がなく、批判をたくさん頂きそうな予感がしますが、一度やってみる価値あるかも知れません。

    >3.おもしろい記事を書いてほしい

    これは基本的にやるつもりは今のところないです。
    理由としては

    ・ブログの説明にあるように僕はオモロイ人ではないので、オモロイことを書ける自信がない
    ・オモロイ文章を書いて人を笑わせようとした経験もノウハウも理論もない
     (このブログは、文章による笑いを全く想定していないので、このブログに文章の笑いに関する記事はほぼないのではないかと思います。)
    ・基本的に文章で人を笑わせようとするのは、危険だと思っている
     (プロの芸人もあまりブログやツイッターで笑いを取ろうとしていないように思いますが、なぜか?というのもいつか笑いの理論から説明したいと思っています。)

    将来的に、文章における笑いを実践しつつ、学び、理論化するという手もあるかなと思いますが、時間的に無理そうな感じです。

    ちなみに、笑える文章でお勧めのものがありましたら、教えて頂けると幸いです。(学ぶ対象にしますので。)

    記事の文章が、上から目線だったり、非論理的だったりするので、最低限そこをなおしたうえで、おもしろい記事を1つでもいいので書いていただけると幸いです。

    ・上から目線と思われる文章は、僕が気づき次第修正しております。僕が上から目線と思っていないところもあるかも知れないので、お気づきの場所がありましたら、ご指摘して頂ければ修正します。
    ・非論理的なところは、どこでしょうか?
     どうして非論理的と感じたか?も合わせて教えて頂ければ、修正します。

  5. 自分は教壇で授業をしてますが、生徒たちが笑えるような話を時々して、楽しい雰囲気の授業を心がけています。
    いいネタがあったらお願いします!

  6. 良いネタを作る方法は、書くことはできますが、残念ながら、個別で具体的な良いネタは提供できないです。

    なぜなら、どの状況でもウケるネタ、いいネタというものが基本的に存在し得ないからです。
    (これもそのうちに論理的に理由を述べたいと思っています。)

    なので、ここに書いてきたお笑いの理論なり技術なりを使って、状況に応じて笑いを取って頂ければと思います。

  7. >・非論理的なところは、どこでしょうか?  どうして非論理的と感じたか?も合わせて教えて頂ければ、修正します。

    論理的かどうか、というのは、主観ではなく客観の問題です。
    また、論理というのはコンピュータでも実装できる類のものです。

    要するに、直したいなら、どうぞご自分で。

  8. 論理的かどうか、というのは、主観ではなく客観の問題です。
    また、論理というのはコンピュータでも実装できる類のものです。

    ちょっと僕には理解ができませんでした。
    何を論理的と考えるか?は、主観でないかと思うのですが。
    現状は、僕は論理的と考えているが、Rismoreさんが非論理的と考えている文章がある、ということだと思いますので。

    要するに、直したいなら、どうぞご自分で。

    ご指摘頂けない場合は、僕の方では非論理的に書いているつもりはなく、どこが非論理的であるのか?が多分わからないので、自分で直すことはできないと思います。

    どちらにしても、上から目線と非論理的である文章は、僕の方でも直したいと考えているので、どなたでもご指摘頂けれれば、時間のある限り、内容検討して修正するつもりです。

  9. >ちょっと僕には理解ができませんでした。
    >何を論理的と考えるか?は、主観でないかと思うのですが。
    >現状は、僕は論理的と考えているが、Rismoreさんが非論理的と考えている文章がある、ということだと思いますので。

    puchibanさんは、なるだけ論理的な文章を書きたいと思っているわけですよね。
    それはつまり、論理を主観から客観へ移行させたいと考えていることですよね。
    それはつまり、論理は主観ではなく客観の問題である、という主張をpuchibanさんもしているということですよね。
    論理的、というのは、あなたが論理的と思うかどうかではなく、あなた以外の人が論理的と思うかどうかです。
    そして、論理的というのは、だれにでも理解可能なものです。

    >ご指摘頂けない場合は、僕の方では非論理的に書いているつもりはなく、どこが非論理的であるのか?が多分わからないので、自分で直すことはできないと思います。
    >どちらにしても、上から目線と非論理的である文章は、僕の方でも直したいと考えているので、どなたでもご指摘頂けれれば、時間のある限り、内容検討して修正するつもりです。

    「Rismoreとかいう奴は、なんで俺の文章を非論理的だなんて言ったんだろう」って悩むことが大事だとは思いませんか?
    だって、そのプロセスを経験しなければ、あなた、一生(少なくともRismoreにとっての)非論理的な文章を書き続けることになるわけですよ。
    そのたびに、私や第三者が指摘しなきゃいけないんですか?
    puchibanさんは、他人から時間と労力を奪いたいとお考えですか? 
    ちがいますよね。
    直さなくてもいいや、ってお考えですか?
    ちがいますよね。
    だったら、指摘を待つのではなく、「どこが非論理的なんだろう」と自分で悩んで、解決策を模索して、試していきましょうよ!
    もう一度言いますが、論理的とは、あなたにとって、ではなく、あなた以外にとって、です。
    文章を書きながら、「俺以外の人は、この文章をどんな風に読むんだろう」という、メタ認知の視点を持たない限り、現状を改善することはできません。

    Go for it!!!

  10. 基本的に何をおっしゃっているのか、目的が何か、どうしてもらいたいのか、が僕にはわかりません。

    Rismoreさんの言う「論理的である」、「主観」、「客観」の考え方が僕とは違うので、お互いの理解を合わせるのに相当な時間がかかりそうな予感がしております。
    (ブログのコメントで書ける範囲では無理だと思っています。)

    Rismoreさんの指摘は、僕にとっては非論理的です。
    #論理的に矛盾しているように感じます。

    僕が疑問に思うのは、Rismoreさんが思う、僕の文章の非論理的なところ(Rismoreさんにとっての論理的な指摘)が、Rismoreさん以外にとって論理的である、とRismoreさんが思う根拠です。

    「僕の文章が非論理的だ」という指摘が、Rismoreさん以外にとっても「論理的である」というのは、どのように確証を得たのですか?

    もっと簡単に言いますと、

    「僕の文章が論理的で、Rismoreさんの指摘が非論理的である」という可能性を排除している根拠はどこにありますか?

  11. まず、根本的なところで勘違いをしている気がします。
    「論理的」とは、「主張が正しい」ということではなく、「筋が通っている」ということです。
    たとえば、

    a.「人間は1万年生きられる」
    b.「私は人間である」
    c.「私は1万年生きられる」

    という主張があったとき、主張の正しさという意味では、結論(=c)は明らかに間違っています。
    なぜなら、前提(=a)が間違っているから。
    一方、筋が通っているかどうかという視点でみると、これは正しい推論です。
    すなわち、論理的な結論です。

    ではここで、私が思うpuchibanさんの非論理的な文章を引用します。
    『「笑わせている」と「笑われている」の違いとは?』のコメントにて、読者から「計算かどうかは外からは判断できないのでは?」という指摘を受けて答えたものです。

    「・・・ご指摘の通り、外からは見分けがつかない時が多いです。笑わせる側としては、意図的にやっていると悟られないようにするのが多いですから。という意味で究極のところ、計算で笑いを取っているのか?は、本人にしかわからないです。ただ、大体の場合は見ていれば、意図的にやっているのかそうでないのかはわかりますが」

    ここでpuchibanさんは、

    a.「計算で『笑わせている』のか、天然で『笑われている』のかは、判断できない場合が多い」
    b.「大体の場合は、計算でやっているのか、そうでないかは、わかる」

    という文章展開をしています。
    果たして、これが論理的と言えるでしょうか。

    いや、puchibanさんにとっては、論理的なんですよね。
    しかし、私は非論理的だと思います。
    ここで、「ではRismoreはなんで非論理的だと思うんだ」とpuchibanさんに聞かれると、困ってしまいます。
    なぜなら、論理的でない人は、論理を理解できていない人であり、論理を理解できていない人に、「論理とはこれこれである」と説明するのは無理だからです。

    このことを、言語の勉強でたとえます。
    母国語(日本語)を話せる人に対しては、外国語(英語等)を教えることはできます。
    しかし、母語を話せない人(つまり、言語を使えない人)に外国語を教えることはできません。
    それは、具体的事物を抽象的に表現する、ということの意味を理解していなかったり、文法的なつながりを理解していなかったりするからです。
    実は、この後者こそが、「論理」なんです。

  12. さて、ここまでは批判的なことを言ってしまいました。
    ここで転換します。

    わたしは、puchibanさんが本当に非論理的な人だなんて思っていません。
    実際は、文章をよく考えずに書いてしまっているから、こうした非論理的な主張をしてしまっているのだと思います。

    だからこそ、私は、
    「もっと考えろ!」
    と言いたいわけです。

    非論理的な文章は、すべて「無意味」です。
    なんの意味もない。
    それどころか、それを書いた人の能力が疑われてしまうことさえ起こりえます。

    私はpuchibanさんがそういう事態に陥らないために、puchibanさんに、もっとよく考えて、論理的な文章を意識的に書いてほしいわけです。
    そして、どうすればそういう状態になれるかというと、それはひとえに、

    『「僕以外の人は、この文章をどんな風に読むんだろう」という、メタ認知の視点を持って文章を書いていくこと』

    ということに尽きるわけです。
    それはつまり、「非論理的な文章はどこにあるんですか?」と聞いてはだめだということ。「自分で」「苦労して」探さなければならないということ。

  13. [補足]

    『論理的、というのは、あなたが論理的と思うかどうかではなく、あなた以外の人が論理的と思うかどうかです』
    これは、個人が「信じている」論理が真に論理的であるかどうかは問題ではない、
    問題は、主張の論理が「神の論理(=絶対の論理、正解)」と同一であるかどうか、である、ということです。(主観と客観)

    『そして、論理的というのは、だれにでも理解可能なものです』&『論理を理解できていない人』
    論理は、絶対にだれもが納得できる類のものです。
    逆にいうと、誰かひとりでも納得できない(可能か不可能か、という意味)文章は、論理的ではない、ということです。

  14. Rismoreさん、丁寧なご指摘、ありがとうございます。

    元のコメントを読みましたが、感想としては、そもそも1つ目のコメントのtokumitaさんの意見をちゃんと汲み取れておらず、僕が的外れのコメントをしているので、コメント自体が間違っているように思いました。

    a.「計算で『笑わせている』のか、天然で『笑われている』のかは、判断できない場合が多い」
    b.「大体の場合は、計算でやっているのか、そうでないかは、わかる」

    上記、2つを見ると矛盾にしているように見えます。

    では、以下の場合は、論理的ですか?非論理的ですか?

    指摘の通り、外からは見分けがつかない時が多いです。(中略)ただ、大体の場合は”よーく”見ていれば、意図的にやっているのかそうでないのかはわかりますが

    「考えて」「論理的に書く」というのは、ブログの書き方のポリシー(論理的であったり考える時間と、アウトプットの質の兼ね合いなど)などで、あまりやらない方針でいます。

    ・質より量。
     質が低くても、伝わらなくても短い時間内でとりえず記事を書く。
    ・時間に余裕があれば、質を上げたり、わかりやすいようにする。

    基本的に上記のようなポリシーで書いています。
    同じ時間を使うなら質よりも、まだ書いていない理論なり意見を書くほうが、よりみなさんや自分にとってもメリットがあるだろうと考えているからです。
    なので、1回/3回中 しか書いてない記事や結論しか書いておらず、普通では理解できない記事が沢山このブログにはある状態です。

    ちゃんと推敲しない文章ばかりなので、破綻している可能性があるでしょうし、論理的でない、こいつバカだと思われる、または批判されるリスクがあるのですが、このポリシーの方が良いと思ってやっております。

    間違っているという指摘がない文章は、そもそもあまり人に読まれていないか、指摘する価値のない文章の可能性が高いので、もし自分で見て修正する場合でも、優先順位は低く、アクセスの多い文章から修正すると思います。

  15. >では、以下の場合は、論理的ですか?非論理的ですか?

    明晰とは言えませんが、意味は通じるので論理的かなと思います。

    >「考えて」「論理的に書く」というのは、ブログの書き方のポリシー(論理的であったり考える時間と、アウトプットの質の兼ね合いなど)などで、あまりやらない方針でいます。

    ものすごく人生を無駄に過ごしている気がしますが、puchibanさん自身が納得されているのなら、しょうがないですね。




管理人にのみ公開されます

Adsense

2014年 ウケる・笑えるジョーク・バレンタイン・チョコレート まとめ
2014年 ウケる・笑えるジョーク・バレンタイン・チョコレート まとめ

2014年のバレンタイン! どうせ渡すなら面白いジョーク・バレンタイン...

no image
2013年版 忘年会でウケる宴会芸・余興の作り方

2013年の忘年会シーズン、今年向けのウケる宴会芸、余興をご紹介。...

no image
みんながボケる! 盛り上がる話題の振り方

トークが盛り上がらない?? 話が盛り上がらないことってありませんか? ...

結婚式の二次会に使える3つのオススメ余興
結婚式の二次会に使える3つのオススメ余興

結婚式の二次会に使える3つのオススメ宴会芸 知人の結婚式の二次会の余興...

no image
[質問] どんな記事を書いてもらいたいですか?

いつもお笑いテクニック・ブログをご愛読ありがとうございます。 今回は、...

→もっと見る